スポンサーサイト

0
    • 2011.11.28 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ホームページ作成埼玉 家計簿 倹約のコツ考え、1年間続ける

    0
       貯蓄をするには、月々の支出を見直すのが近道。何にどれだけお金を使ったのか把握するには、家計簿をつけるのが一番だ。新年を迎えるにあたって、新鮮な気持ちでつけ始めようと考えている人も少なくない。経済ニュースを分かりやすく解説する「細野経済シリーズ」で知られ、『つけるだけで「節約力」がアップする家計ノート2012』(小学館、500円)の著者、細野真宏さんにコツを聞いた。(櫛田寿宏)

       ◆楽しむために

       「家計ノート」の利用者のアンケートから、細野さんは「単なる自己防衛のためではなく、家計簿を使って自分の頭で考え、お金の管理をしたい人が多い」と話す。

       一般に家計簿というと、結婚を機につけ始めるものととらえられがちだ。しかし、細野さんは「若い人も使っているが、60代や70代で家計簿をつけ始める人も少なくない」。

       家計簿をつければ、食費や衣服代、教育費、子供の小遣い、電気代、水道代など、項目ごとの金額を全国平均と比較することができ、削れる出費がはっきりする。1世帯当たりの支出額は、総務省のホームページの「家計調査」(http://www.stat.go.jp/data/kakei/index.htm)で簡単に調べられる。

       このほか、同じスーパーで同じ商品を買っても安い曜日があることなど、倹約のコツに気が付くきっかけにもなりうる。

       ただ、単に切りつめることだけを目標にすると、“リバウンド”で不要な出費をしてしまう懸念がある。細野さんは「欲しいものを手に入れるため、自分が楽しむための家計簿と考えるべきだ」とアドバイスする。

       ◆月ごとに違う貯蓄額

       パソコンや携帯電話などインターネット上で家計簿を管理することもでき、便利だ。しかし、細野さんは、あえて手書きを推奨する。「1日3分でも文字を書いて機械的な計算をすることで、漢字を忘れないで済むし、計算能力もついて脳の活性化になる」と、手書きの学習効果を強調。また、多くの主婦はスケジュール表を持たないので、スケジュール管理のために使うこともできる。

       家計簿をつけるのにあたって、押さえておくべきポイントがある。サラリーマン世帯の場合、月々の収入はほぼ一定なのに、貯蓄額は毎月変動するということだ。

       帰省などお正月に関連する出費がかさむ1月、新年度の準備でお金がかかる3〜5月は支出が多く、貯蓄額が減る。反対に、多くの企業でボーナスが支給される6月と12月は貯蓄額が増える。「年始めの1月の収支が赤字になっても驚かないで」と細野さん。

       「家計調査」によると、平成22年の1世帯(1世帯当たり3・09人)の平均貯蓄額は1657万円。この金額に対し、月々ためられる金額の少なさにがっかりする人もいるかもしれない。しかし、「若い世代は貯蓄が少なく、負債が多いのは当たり前。40代で貯蓄と負債をプラスマイナスゼロにすることを目指し、子育てが終わる50代で貯蓄を1千万円にするのが一般的」(細野さん)という。

       続けることに価値がある家計簿。細野さんは「考えながら1年間続ければ、自分の成長にきっと気付きますよ」と話している スマートフォンホームページ作成 スマートフォンホームページ作成激安 スマートフォンホームページ作成料金 スマートフォンホームページ作成格安 スマートフォンホームページ作成無料 スマートフォン会津若松ホームページ作成 スマートフォンホームページ作成郡山 スマートフォンホームページ作成伊勢崎 スマートフォンホームページ作成本庄 スマートフォンホームページ作成日光

      ホームページ作成埼玉 「iPad+基幹システム」で接客はどう変わる?――アビームコンサルティングの新提案

      0
         「iPad」を電子カタログ端末、接客のサポート端末として利用する店舗が、昨今増えてきた。その多くは、顧客の利便性の向上、あるいは企業の先進性をアピールできるといった点に魅力を感じ、端末を導入しているようだ。しかし、“リアル店舗+タブレット端末”という組み合わせは、このほかにもさまざまな可能性を秘めている。

         その一端を見せてくれるのが、コンサルティング企業であるアビームコンサルティングが提案する「営業力強化ソリューション」。SAPをはじめとする基幹システムの構築に長けた同社は、iPadと基幹システムを連携させ、iPadに“電子カタログ以上の付加価値”を持たせようとしている。その取り組みが評価され、ソフトバンクモバイルが主催した「第1回スマートフォン・タブレット端末ソリューション公募」では最優秀賞の1つに選ばれた。

        ●基幹データ連携で生まれる、接客の「ライブ感」「パーソナライズ」

         流通業の基幹システムには、グループ店舗を含めた商品の販売実績管理から、顧客の購入履歴、さらには口コミの分析機能まで、小売店向けのさまざまな機能が用意されている。こうした情報は従来、PCで“腰をすえて”見るものであり、現場の販売スタッフがリアルタイムに情報を活用することは難しかった。しかし、iPadの電子カタログがこうした基幹データと連携すれば、最新情報を常に手元で確認できるようになり、これまでにないスタイルの接客が可能になるという。

         「アビームコンサルティングはERP(Enterprise Resource Planning:統合型基幹業務システム)の構築が強み。ERPはこれまで主に企業の本社部門で利用されてきたが、営業力強化ソリューションでは、ERPの活用を“現場”にまで広げようとしている」(同社執行役員 プリンシパル プロセス&テクノロジー事業部 SCMセクター 渡辺巌氏)

         では、基幹データを現場が利用することで生まれる接客スタイルとは具体的にはどのようなものか――。例えば、商品の売れ行きがiPad上でリアルタイムに分かることで、「テレビショッピングのような接客が可能になる」と、渡辺氏は話す。接客中に商品のデータを呼び出し、「今日はこの商品が特に売れています」「今、売れました」といった会話をはさみこむことが可能になり、より説得力のある接客が可能になるというのだ。

         また、同ソリューションが実現する“顧客の購入履歴参照機能”も接客の幅を広げてくれそうだ。会員登録された常連客に対して接客する際、その顧客が以前どんな商品を購入したのかをiPad上から簡単に確かめられるという。こうした機能により、例えばアパレルショップなら、過去の購入商品とのコーディネートを考慮した商品提案が可能になる。また、購入傾向から好みのジャンルを推測するといったことにも役立つだろう。「ショップスタッフ個人の記憶に頼るのではなく、よりシステマティックに顧客情報を活用することによって、質の高い接客ができるようになる」と、渡辺氏は力を込める。

        画像:ユーザー情報を元に、体系に合わせたコーディネートのシミュレーションが可能、ほか
        (http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1110/20/news011.html)

         もちろん、タブレット端末活用のメリットは基幹システムとの連携だけでない。よく言われることながら、高い処理能力を生かした表現力豊かなアプリ、インタラクティブなアプリを活用できるのも魅力だ。同社ではアパレル向けアプリの例として、iPad上で商品を着せ替えてコーディネートをシミュレートするといった機能を例として提案している。

         また、導入企業のニーズに応じて、クレジット決裁などの決済機能をアプリに持たせることも可能だという。小売店ではレジの行列による販売機会損失もしばしば問題視されるが、こうした問題の解決にもiPadソリューションが役立つと同社はみている。商品のレコメンドから、在庫確認、受注、決済の処理までをiPadで実現する――そんな接客も夢ではなさそうだ。

        ●フロントからバックエンドまでを一手にコーディネート

         基幹システム構築の実績を持つ同社だが、一方でECサービス企業などのコンサルティングを通じて、Webサイトなどのフロント系サービスと基幹システムとをつなぎこむノウハウを磨いてきた。同社執行役員 プリンシパルの梶浦英亮氏は、「フロント系とバックエンド系では文化や技術基盤の違いもあり、双方をつなぎあわせられる企業は多くない」と語り、「アビームコンサルティングでは、ビジネスパートナーなどの協力も得ながらフロントからバックエンドまでをチームとして一気通貫で提案できる」と自信を見せる。特に、将来のフロント系システムの変更時にもバックエンドを変更しなくてすむような、疎結合による連携ノウハウや、SOA(service oriented architecture:サービス指向アーキテクチャ)に関するノウハウは「一歩リードしている」(梶浦氏)と胸を張る。

         また、こうした体制を駆使したフットワークの軽い開発も強みという。実際に動くアプリを試作して企業に提示できるのはもちろん、「バックとフロントを一体にしたチームで一気に開発するため、比較的短納期で機能追加の要望に応えられる」と梶浦氏は説明する。さらに、「現場の業務を分かっているのがコンサルティング企業の良さ」と梶浦氏。システムに合わせた業務プロセスの提案もセットで行い、導入効果の最大化を図っていく。「端末を導入しても、業務の仕方が変わっていなければ意味がない。ITと業務、その双方で提案をしていきたい」と、梶浦氏は意気込んでいる。
        ホームページ作成株式会社杉山システム スマートフォンホームページ作成秋田 スマートフォンホームページ作成岩手 スマートフォンホームページ作成盛岡 スマートフォンホームページ作成青森 スマートフォンホームページ作成北海道 スマートフォンホームページ作成札幌 スマートフォンホームページ作成名古 スマートフォンホームページ作成愛知 スマートフォンホームページ作成山梨 スマートフォンホームページ作成豊橋 銀座美容室

        ホームページ作成埼玉 どじょう首相もびっくり!? ネットの和製英語をなんとかしてほしい!

        0
           前回、「SNSより英語!」と題して、本当に世界と繋がり、情報人間になりたいなら、英語ができるようにしたいと書いたら、かなりの反論がきた。これには本当にがっかりした。なんで、日本人はこんなに英語にアレルギーがあるのだろうか? 「日本人に英語は必要ない」「英語より正しい日本語教育が大切」なんて言う方々は、このグローバル時代、本当にそう思っているのだろうか? とくに、ネットという国境のない空間ができ、そこでものすごい数の情報が行き交うこの時代に、そんなことを言っていて、本当にいいのだろうか
          私は以前から、日本人は日本語のモノリンガルを脱し、英語とのバイリンガルになるべきだと主張してきた。その理由はいたって単純。英語がいまや世界標準語になってしまったからだ。世界に標準語ができた以上、それは一回きりのことで、この先ほかの言語が英語に代わって標準語になることはない。だから、それを話せないということは大きなハンデを背負うことになる。

           今後の日本人がそのハンデを背負い続けると、ビジネスも経済も、そして日本文化も大変なことになるだろう。日本語しか通じない極東郡日本村は、世界から大きく取り残され、人々はどんどん貧しくなってしまうだけだ。

           日本人はもともと優秀なのだから、小さいときから英語をやれば、たちまち話せる。話せるということは、読める、書ける、コミュニケーションができるということだから、世界中で就活ができ、仕事を得られるうえ、暮らしていける。英語しかできない英語モノリンガルの人々より、はるかに競争力がある国民になれる。つまり、地球全部が舞台になり、地球全部で生きていけるのだ。

           ところが、いまの日本の英語教育は、わざと日本人に英語を話せなくする教育で、政府は進んで自国民の将来の可能性を奪っている。


           じつは、世界にはモノリンガルの国民より、バイリンガルの国民のほうが多い。1990年からのグローバル化のなかで、大きな発展をとげてきた国は、ほとんどが母国後と英語ができるバイリンガル国家だ。アジアでは、香港、マカオ、シンガポール、インドなど、中東ではトルコ、欧州ではフィンランド、デンマークなどが英語教育を徹底させ、経済発展を遂げてきた。いまではフランスやドイツ、イタリアなどの欧州の名だたる企業も社内言語は英語だ。

           こうしてみると、英語しか話せない英語モノリンガルは世界から見ればマイノリティで、今後は母国語と英語(標準語)のバイリンガル国民がよりパワーを持つ時代になる。そういう時代だから、日本語という母国語を持って生まれてきた日本人は、潜在的にもっとも競争力を持つわけで、それを活かさない手はない。

           しかし、悲しいかなこの国では、英語が話せないうえに、世界観ゼロの「どじょう首相」が誕生してしまう。どじょうのように泥臭く仕事をするのは政府の勝手だが、国民を道連れにしてもらっては困る。

           こういう政権は、困ったらどじょうのように土の中に潜り込むだけで、おそらくなんにもできないだろう。

           話がそれてきたので、「SNSより英語」に話に戻すと、今後、私たち日本人もグローバルなネット世界で生きていく以上、その第一歩として一刻も早く和製英語を止めてほしいと、私は思う。現在の日本人はバイリンガルではないので、母国語でない言葉はなんでもかんでも母国語化してしまう。とくに英語はカタカナ語に変えてしまう。

           こうすると、本来の意味がわからなくなることも多い。

           たとえば、スマートフォン(smart phone)は、いつの間にか「スマホ」になった。日本村ではこれでいいが、ときどき、英語でもスマホと言ってしまい、英語人間にキョトンとされることがある。かつて、ネットの黎明期に、「ホームページを持っていますか?」と言って、キョトンとされたのと同じだ。英語界では、HPはウエブサイトの最初のページのことで、サイト全体を指さない。しかし、いつのまにか、日本村ではウエブサイトを「HP」と言うようになり、本来の意味が変質してしまった。

           いったい、どういう理由でスマートフォンがスマホになったのだろうか? なんでも略すのはいいが、これは日本村でしか通じない。たとえば、日本では映画評論家まで、ジェニファー・ロペスを「ジェニロペは素晴らしい」なんて言っている。しかし、英語界では「ジェイロー」だ。略し方が違う。これでは、ハリウッド村では出入り禁止だ。

           パソコンも典型的な和製英語である。これは、もちろんパーソナル・コンピューター(personal computer)の略だが、英語界では単に頭文字を略して「PC」(ビーシー)と言う。こうした和製英語がとくに多いのがIT世界で、この和製英語の世界にどっぷり浸かってしまうと、世界との交信に支障をきたすことが多い。

           たとえば、「パソコンは、なにを使っていますか? ノート? それとも、デスクトップ?」というたったこれだけの文に、和製英語は3つもある。まず、前記したようにパソコンで、これはPCだ。続いてノート・パソコン。これは略してノートも言うが、「ラップトップ」(wrap−top)あるは「ラップトップ・ピーシー」(wrap−top PC )でないと通じない。さらに、デスクトップも「デスクトップ・ピーシー」(desktop PC)としたほうがいい。

           メールをやっていて驚くのは、アットマーク。もちろん、これは@のことだが、アメリカ人はこれをマーク(mark)とは言わず、サイン(sign)と呼ぶので、本来は「アット・サイン」(at sign)だ。また、よく「バージョン・アップした方がいいね」などと言っているIT人間がいるが、それではバージョンはアップされない。そんな英語の言い方はなく、これは「アップグレード」(upgrade)だ。日本人はたらとアップをつけたがり、たとえば「スピードアップ」「パワーアップ」なんて言うが、そんな言い方は英語界には存在しないのだ。

           そういえば、ネット・ショッピングも通じない。これは、「イーショッピング」(e−shopping)である。

           そんなわけで、せめてネット界、IT界だけは、和製英語をやめて世界と更新可能な英語に切り替えてほしい。そうしないと、日本村はますます情報過疎地になってしまうだろう。(次回も英語に関して書く。日本人が英語が苦手なのは、日本語という言語の特殊性でもなく、勉強の仕方が悪いのでもなく、ただ単に政府の陰謀だということを暴いてみたい)
          ホームページ作成税理士事務所 ホームページ作成内装工事 ホームページ作成健康食品 ンホームページ作成ヘアサロ ホームページ作成料理教室 ホームページ作成ジュエリーショップ ホームページ作成ランジェリーショップ ホームページ作成フラワーショップ ホームページ作フラワーアレンジメント ホームページ作成アロマテラピー ホームページ作成英会話 仙川美容室

          calendar
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << July 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM